好きなもの、好きなこと

好きを言葉にする。残念なアラサー。

ゆっくり向き合う

  このとてつもなくつまらなくて、大した内容も書いていないブログに足を運んでくださる方があれ以来たくさんいらっしゃるようだ。おそらく大半の方は知りたいことは何も得られず、がっかりしてそっとページを閉じるのだろう。本当に申し訳ない。期待はずれで。それでも私は主観を綴ろうと思う。自分の過去に書いた記事を読み返した時に、その瞬間は心がたくさんの好きな気持ちで満たされていて私はとても幸せだったんだと思い出せたから。どんなに辛くて悲しくても、今この瞬間を残しておくべきだと思うようになった。この気持ちを忘れないために。所詮自己満だしね。

 

  

 あるときスッと自分の中で落ちた気がした。自分の中で納得のいく解釈に辿り着いたときだった。恥ずかしながら冷静さを失った時に『直感的にわかりやすい〜のせいでを作らないで』とふたつ前の記事で言ってみた。しかし、悲しみを受け入れるには自分なりに理由を作りたくなるものだなと少し時間が経ってわかった。絶対に正しい答えなんて辿り着けないことはわかっているけれど、自分なりにこうなんだなと答えを用意することで受け入れるというのも一つの方法のようだ。ただし、自分が辿り着いた解釈を披露して人に共感してもらおうとしてはならないとも学んだ。時間をかけてそれぞれが作り出した答えは正しくもないし間違ってもいない。年齢や経験、感受性、距離感、そのときの熱量、これまでの思い出の大きさがそれぞれ異なるのだから、みんな違った答えを持っていて当然だ。答え合わせの必要はない。それぞれが大事に心にしまっておけばいい。

 

 

 YouTubeを介して知った彼の訃報をネットニュースで知った。もちろんコンサートという場で同じ空間を何度も共にしたのは事実だ。それでも画面越しに過ごした時間の方が断然多い。だからだろう、どんなに自分が納得のいく答えを用意したって未だに実感がわかない。受け入れたのではなく、想像の世界に目を向けているだけなのかもしれない。スッと落ちたのは気がしただけで、気のせいだった。結局のところ、向き合うのを避けて通り過ぎたのだろう。締切の迫る宿題を形式的に終わらせたときのように、何も理解せずとりあえず答えを用意しただけ。

 

 

 これから画面越しのお付き合いのみを続ければ現実を受け入れずに、あの時より前と同じ時間を過ごす感覚が得られるのだろう。けれどもこのままじゃダメな気がするんだ。それこそ、向き合い方も人それぞれだろう。私は時間をかけてでもきちんと事実と向き合いたい。ドームで現実を直視する日までに少しだけでも向き合いたい。でも焦らない。間に合わなくてもいい。ゆっくりと。

 

音楽と言葉

  私はInstagram黒柳徹子さんをフォローしている。先日、初のテレビ女優になった経緯についての投稿があった。そのときに私はふと、二つのことを考えた。

 

  一つ目は いつから音楽は目で楽しむものになったんだろうということだ。テレビが普及してからであろう。曲と歌詞でも十分に音楽は表現出来るだろうに。歌っている人のビジュアルや衣装、ダンス、豪華な舞台装置が整ったときに現代の音楽は成立しているのだなと思った。大変だよね。かくいう私も耳よりも目で音楽を楽しんでることが多いんだろうなと気付かされた。

 

 二つ目はテレビがない時代はラジオや新聞から情報を得ていたのだなと思った。視覚的に捉えたものを言葉のみで伝えるのは難しいはずだ。それを可能にするには語彙力だったのだろう。

 今回の悲しい出来事があって、日本人を30年近くやっているはずなのに、日本語がネイティブなはずのに、自分の感情にふさわしい的確な言葉が見つからないことに気付かされた。これを言葉にできないというのだろうか。ただの知識不足なのだろうか。せっかく多彩な表現が可能な日本語なのだから見つけたいと思った。また彼からひとつ言葉の面白さを学んだ。学ぼう。探そう。

あえて薄着をする

 かつてないほど腫れ上がったまぶたなのに平静を装って普段と変わらないふりをしていつも通りを過ごしている。でも胸が不意に苦しくなる。もう何が悲しいかわからない。この気持ちを表現するにふさわしい言葉が見つからない。ただ涙が終わらない。

 

 彼をよく知らない人たちが大騒ぎしている。私だってよく知らないよ。見てきたのはほんの一部だったから。でも20代を彼らとともに過ごしたんだ。聖なる夜を彼氏じゃなくて彼らと何度も過ごしたんだ。

 

 何でもかんでも起きたことを知っている言葉やありふれた現象に当てはめようとしないでよ。そうやって意味のない名前をつけてカテゴライズすると安心するからって自分の知っている世界のひとつにしないでよ。

『なぜ』に必ずしも的確な理由なんてないこともある。簡単に一つに絞ろうとしないでよ。直感的にわかりやすい『〜のせいで』を作らないでよ。関係のない人たちが興味をそそられるような派手で下品な言葉を理由にしないでよ。

 後追い後追い言わないでほしいな。生きる人は生きるし後を追う人は追うんだよ。それほどの判断を誤る人はそんな誰が発したかわからない拡散希望された言葉で引き止められやしないんだから。しょうもない目立ちたい欲のためにこのことを使わないで。すぐに消してくれないかな。

  頼むからそっとしておいてくれないかな。ありふれた定型文を並べてることにすら気づいてないでしょ。たとえSNSで盛り上がってもとても局所的なことなんだよ。このご時世、趣味は多様化していてみんなが好き、みんなが気になることなんてないからさ。これまで知らなかった人が知らなくていいんだから。知らないままでいいから。予測変換で出てくるようなお悔やみ申し上げますならいらないから。それはただの文字の羅列でしかなくて言葉として機能していないから。彼はね、素敵な言葉を選んで美しく表現するのが上手な人なんだ。たとえ間違えたとしてもそれを素直に認めて直そうとする人なんだよ。だからこそ丁寧に言葉を選ばなきゃいけない。

 

 

 あえて薄着をする。寒さが身にしみる。そして私は実感する。生きてるんだって。

ついていけない若者言葉

 テレビやネットでたまにやっている【若者たちに流行っている◯◯ランキング】をのぞいてみると、『そんなのわたしの周りでは流行ってない』なんてことがよくある。これを友人と話していてふと気がついた。そう、私たちはもう世間一般でいう【若者】ではないのだ。多分あれは高校生〜大学生までのことをいっていたのだ。ひとまわり近く年齢が違えばそりゃあ流行ってるものなんて大きく違うに決まっている。十分若いつもりでいたのに知らず知らずのうちに【若者】という枠組みから遠く離れたところに来てしまったようだ。

 

 他のところでももう【若者】ではないのだなと感じることがある。それはTwitterだ。 私はそこまでヘビーユーザーではないが、趣味の情報収集がてら時間があるときにちらちらとのぞいている。少しご無沙汰していたせいか久しぶりにTwitterをのぞいてみると、最近のつぶやきで目にするものに気になる言い回しがある。まだ他にもあるかもしれないが、よく見かける4つを私なりに解釈・評価してみた。

(※個人の意見です。若者についていけない嫉妬心を全面に出しております。何様だって話です。

 

『え、まって…』という書き出し

なにをそんなに誰に待って欲しいんだろうと思うくらいやたら『まって』といっている。かなりの頻度でまっての前に『え』が入ってるようだ。自分の心の整理をしてから書き込めばこの『まって』は必要なくなるだろうし、文字数が限られているのに3文字〜6文字を無駄に消費するのはもったないなと思う。けれどもこれをつけると焦燥感と興奮が伝わるのはちょっとわかる気がする。

 

『全私が泣いた、全私が死んだ』

これは映画の宣伝でよくみる『全米が泣いた』からきてるのかなぁ。私が果たして複数あるのだろうかと疑問。もしかしたらいま流行の細胞レベルの話をしているのだろうか。ここから派生して【全】のあとに固有名詞をつける使い方もあるようだ。『全◯◯に感謝』といったように使うらしい。けれども相当感動したりショックだったということが短文に凝縮されているから、ものに出来れば分かりやすい表現なのかもしれない。

 

最&高

最高と入力した後にカーソルを最と高の間に持ってきて&をいれるのって大変だなと初めて入力して気づいたのであった。たしかきゃりーぱみゅぱみゅさんがこのタイトルの曲を歌っていたような(不確かな情報)。もともと流行っていた言葉が歌になったのか、歌が流行って言葉が日常使いされるようになったのか、どちらだろうか。最高よりももっと上の状態を表しているのだろうか。やばいに変わる言葉なのだろうか。疑問ばかりが浮かんで全然使いこなせなさそうだ。

 

やたら【み】をつける

(例1)やばみ、つらみ、嬉しみ

『明日テスト。つらみ』のように文末で見かける場合もあるし、名詞としても使われいて『嬉しみが伝わる』といったように使われている。これらは形容詞を名詞化しているのだろうか。たしかに『楽しい』『悲しい』の場合では『楽しみ』『悲しみ』という変化は正しい。ところが他の形容詞では【み】は使われない。じゃあ使っちゃえということなのかな。

(例2)古代ローマみがある、CMみがある

この場合は『〜のようだ、〜に似ている』という意味を表している。『面白みがある』といった使い方があるから応用効かせちゃおうってことなのだろうか。

 

とにかく【み】をつければ、今の若者みある使い方になるのだろう、嬉しみ!!!

 

 

 書き言葉の言い回しは少し解釈できたつもりでいるが、これらを使いこなすことは難しいようだ。そうだった…自分はもう【若者】ではなかったのだ。きっと【若者】でくくられていたときは、年上の方々には理解されないような新しい言い回しを無意識に使いこなしていたのだろう。

今思えば、

(笑)→笑→www

へ変化したのを見届けた世代であるのかもしれない。気づかないだけで他にもたくさんの新しい言葉の変化を現役で見届けていたのかもしれない。

 

 新しい言い回しを使いこなせなくてもいいから、せめて相手が言おうとすることを理解できるようにはなりたいと思う。そうしなければ言葉じゃないから。【若者】から外されてしまったけど、新しいことを知ってはいけないわけではない。だからこそ変化についていきたいと思う。頑張ろう、アラサー。

はじめてのレキシ

  あれはいつ頃だっただろうか。関ジャムで特集されているレキシさんをみてまんまとハマってしまった。キャッチーなメロディといっけんふざけたような歌詞にすっかり取り憑かれてしまった。隙あらばyoutubeで検索しては聴いてという日々を過ごした。youtubeに寄せられるコメントによれば、ふざけている歌詞のように思われるけれど実は意味がある奥深いものが多いようだ。平面的な直接的な意味だけでなく、立体的に複数の意味を含んだ歌詞にすっかり魅了された。私こういうのに弱い。

 けーぽ界隈でいうfancamなるものはさすがに日本のバンドではなかろうと思っていたのだが、フェスの定点カメラ?のようなものがいくつか閲覧できた。そこで私はさらに好きになる理由を見つけてしまった。キーボードを演奏していたのが風味堂の渡くんであったのだ。私はもともとピアノが好きなのでピアノマンのいるバンドを好きになる傾向があった。風味堂スキマスイッチなど。しかし活動休止を機に情報を追うのをやめていたので『ここにいたのか!!!』と一方通行の運命の再会を果たしたのであった。

 人が音楽に恋に落ちるのはあっという間だ。いっさいの迷いはなく異常なほどの行動力を発揮する。幸運にもちょうどツアーが開催されるところであった。行かない理由が見当たらない。こうしてデビュー10周年の大御所レキシさんのライブにファン数十日の新参者がお邪魔することになった。

  数年前に物欲をすっかり無くした私であったが、どうしても稲穂(600円)が欲しくて並んでしまった。脳の錯覚(人はこれを恋という)のおかげで待ち時間も苦ではなかった。手にした稲穂は想像よりはるかに長くて丈夫で、カバンからはみ出さずに持ち歩くことは難しかった。食べられるわけでもないのに600円で得られる幸福度はかなり高かった。

 

 そしていよいよライブスタート。オープニングは見たことあるし聞いたことあるけどなんか違う…素晴らしい映像からはじまった。CDで予習したときに絶対に生で聴きたいと思った曲をいくつも聴くことができた。また関ジャムでも取り上げられていた即興演奏というか、脱線というか、アレンジと表現すべきか…いい意味で普通には聴かせてくれなくて足を運ぶ価値のあるライブであることは間違いなかった。アンコールのはじまりもどこかで見たことあるようなないような、聞いたことあるような演出で楽しませてくれた。腹がよじれるほど笑ったのは久しぶりだった。ツアータイトル『不思議の国のレキシと稲穂の妖精たち』を文字通り表現している素晴らしいツアーであった。ツアータイトルってどのアーティストのライブにも必ずあるけども、そこまで意識しない演出であることが多い気がする。不思議の国にいる設定はたまにあやふやになるけど、ここまで徹底してツアータイトルを体現しているのをみたのは初めてだった。

 新参者でも十分楽しめるライブであった。おかわりしたいくらい行って本当によかった。出遅れた10年を取り戻すのはなかなか難しいけど、せめて3年分くらい知識を増やして次回のツアーも参加したい。口では説明できない笑いを経験することをお勧めしたい。

20代を振り返る

 つい先日友人が29歳の誕生日を迎えた。笑えないねといいながら大笑いしていた。25歳になり四捨五入して30なんてやばぁと笑い、26歳になって20代後半を自覚、27歳いよいよ本当のアラサーの仲間入りを果たし、28歳高校を卒業して10年なんだねと言ってみたりして、29歳…アラウンドなんて優しさで包みきれない直接的な30がもうすぐそこ!!!

 

 誕生日を迎えた彼女は結婚願望が強い、そしてなかなかモテる。でもどうやら今のところは結婚相手はいなくて、結婚というゴールはまだ先のようだ。彼女と私は状況が同じようで違うけど、同じなことが多いから同じと錯覚して安心感を得られる。

 

  彼女が29歳の誕生日を迎えるにあたり、20代を振り返ってみた。大学生の頃の女子会は気になる人がいるかいないか、イケメンがいるかいないか、彼氏はできたかで盛り上がっていた。社会人になり環境が変わっても、気になる人はできたか、彼氏はできたかで相変わらず盛り上がっていた。社会人になって数年が経ち、第一次結婚ラッシュがやってきた。『これ以上付き合っていてもなにも変わらないから結婚することにした』という報告を受け、結婚とはそんなものなのかとイメージを覆された。やがて集まるきっかけが結婚式や余興、結婚祝いの打ち合わせなどに変わっていった。そして結婚した友人宅(借家)に遊びに行き母子手帳が転がっているのを発見して『あ、実は妊娠したの』と聞かされた20代後半。これまではオシャレな居酒屋カフェで夜に集まっていたのに、やがて子連れで入れる座敷のあるお店でランチを食べるようになった。そして現在、『家を建てたから遊びにおいでよ』といった理由で集まっている。みんなどんどん着々とステップアップしていく。つきあう→プロポーズ→同居→結婚→妊娠・出産→家を建てるといった具合だ。(先に妊娠パターンもあるけどね)

 

 まだ一段も登っていない彼女と私は、階段をのぼり遥か上にいる友人たちを見上げている。まるでジャンケンして勝った人がどんどん階段を登っていけるグリコゲームのようにずっと負け続け、友人たちが登って勝ち進んでいくのを見届けている気持ちになる。人生に勝ち負けなんてないのはわかっている。けれどもなんとも言えない焦燥感、不安感と少しの劣等感。

 

 20代は人生の節目がたくさん訪れるようだ。けれどそれはファーストステップ、『彼氏ができる(つきあう)』というスタートを切らないとご縁がなく過ぎていく。独身でも金銭的な余裕があればいきなり家を建てるという選択をすることもできるけど、暖かい家庭があってこその家だと考えるとただの物質的な家を手に入れても虚しい気がする。また彼氏がいても相手に結婚する気がまだなくてプロポーズ待ちというパターンもあれば、順調に結婚というステップまで進んでもなかなか子どもを授かれないという場合もあるようだ。ファーストステップを乗り越えたからといってそのあとはエスカレーターでびゅーんと簡単に段差を乗り越えられるわけではない。(中にはそういう人もいるけど。)いろいろなステップでみんなそれぞれロッククライミングのように必死に食らいついて次のステップへ進もうとしている。どのステップも簡単に進めるわけではない。平らな世界から友人たちを見上げていることは心の葛藤があるけれど、ステップを登る苦悩がなくそれは楽なのかもしれない。でもこの楽な状況に満足してもいいのだろうか、20代の終わりはすぐそこまで迫っている。

 

 過ぎ去った20代を振り返って思うことは『大学生のうちに結婚相手を見つけておくこと』と『アイクリームは早くから塗っておくこと』だ。第一次結婚ラッシュで結婚できている友人たちの多くは大学生から付き合っている。社会人になって運命の人に出会える人も少なからずいるが、多くの戦友たちは日々合コンという戦場で出会いを求めている。学生時代の純粋な気持ちはどこへやら、収入や社会的地位で優良物件かどうかを判断するようになる。『この人が好きだからずっと一緒にいたいから結婚する』のではなく、『結婚するならこの人でいいか』という目的先行の人選びになる。後付けで好きになる理由を見つけなくてはならない。 

 

 いま思うことは、そこそこの大学入っておけば周りはみんな将来そこそこの企業に勤められる人たちばかりだ。社会へ出てから催される合コンや街コン、婚活パーティー(条件のないもの)ではそこそこのスペックを持ち合わせた人たちと容易に出会うことはできない。しかも純粋な気持ちでなんて不可能に近い。何かしら邪心を抱えている。若いうちに純粋な気持ちがあるうちに恋をして、この人と一緒にいたいから結婚をするができるように学生時代に努力することをお薦めしたい。

 

 残念ながら彼女も私も過ぎ去りし20代をいまさらどうにもできない。そう、いま目を向けなくてはならないのはもうすぐそこまできている30代だ。輝かしい30代を、39歳のときに振り返ってこの10年は充実していたねと言い切れるように今から何かはじめなくては。結婚したいから相手を見つけるのか、結婚したいと思える相手が見つかったら結婚するのかで今後の生き方も変わってくると思う。一応、結婚相談所は20代のうちに登録してみようか。独身で生きていくと覚悟するのはまだ早いのか、もうそのつもりで生きていく準備をしたほうがいいのだろうか。平らな道でみんなのロッククライミングを見上げていたつもりだったけれど、実は自分が一番不安定だった。足元はひび割れていて立っていることすら危うい。ステップアップした友人たちが心配して見下ろしてくれているかもしれない。どんな道であれ生きるのは楽なことじゃないと悟った。未来を決めるのは今の自分だ。たとえ足元がどんなに不安定でも、未来の自分のために賢明な選択をして地盤を固めなくてはならない。逃げと言われるかもしれないけど、できるのなら何もしないという選択をしたい。楽に生きたい。残された時間を精一杯悩もう。おそれることなかれ、30。

Lonely

 じょんひょんの小品集が発売された。大好きな『따뜻한 겨울 (暖かい冬)』と『1000』が収録されていた。すでに公開されたものに手が加わったため聴きなれない違和感があったり、アレンジにより聴きやすくなったりと、じっくりと何度も聴きたくなる期待通りのアルバムだった。

JONGHYUN 종현_Lonely (Feat. 태연) Music Video - YouTube

 さてさて、表題曲はテヨンさんとコラボのLonely。とても聴いてて心地の良い曲。四季でアルバムが構成されているが、まさに春にぴったりな音色。淡いピンク色に包まれる気持ちになる。欲を言えば4月上旬の桜満開で新生活が始まるよっていう漠然とした不安におそわれるタイミングで聴きたかった。努力しなくても不安になる4月上旬は毎年自然と訪れるので来年はLonelyをたくさん聴いて淡いピンク色の世界に包まれて守られたい。

 

  歌詞は一言でいうと男女のすれ違い。お互いを大切に思うあまり疲れちゃったのかな。(とっても雑な解釈)全体の世界観よりも、個人的には歌い出しの2行がお気に入り。

 미안해 내 탓이야
고마워 덕분이야
ごめんね 私のせいだよ
ありがとう あなたのおかげだよ

 『ごめんね』の後に『私のせい』を、『ありがとう』の後に『あなたのおかげ』を持ってくるあたりさすがだなと。当たり前すぎて敢えて特筆することでもないかもしれない。でも当たり前を上手に文字にできるじょんひょんが好き。 歌詞全体としてはこの言葉を否定しているのかもしれないけど、わたしは好き。

 人間誰しもうまくいったことは自分の手柄にして、失敗したときは人のせいにしがちだ。残念ながら私たちの住まう世界は私利私欲に満ちた汚らわしいギトギトした世界だ。『ごめんね、私のせいだよ  ありがとう、あなたのおかげだよ』って気持ちをいつも心に留めておきたい。そうしたら、ギトギトした世界が少しは浄化されて美しくなる気がする。(自分は絶対悪くないのに…という理不尽なときももちろんあるけど)

 ひとりで生きてるわけじゃないから、色々な人に感謝して謙虚に振る舞わなきゃなって自己啓発書を読んだ後みたいな気持ちになる言葉。好き♡