好きなもの、好きなこと

好きを言葉にする。残念なアラサー。

ポジデブ

ポジティブを書き間違えたと思ったでしょ?笑『ポジデブ』で間違っていない。これは友人との会話で生まれた造語である。『ポジティブなデブ』の略語。もちろん反対語も存在する。(勝手につくったのだけども笑) そう、おわかりのとおり『ネガデブ(根がデブ)』である。『ネガティブなデブ』だ。

私と友人は万年ダイエッターである。女性はそういう生き物だ。大デブではないが、まだ痩せる余地がいくらかある私たち。肥満(メタボ)についての基準値は設けられているが、デブについてのものさしは人それぞれだと思う。他人からみて明らかに細いのに、『最近太ったんですよ、顔に肉がついちゃって』という人。失礼ながら大きいなと思っていても『わたしぽっちゃりなの』と現実を受け入れた方が良さそうな人。それから、太ももにやたら脂肪がたまりやすい人、背脂がのりやすい人、一見やせていても『脱ぐとお腹がすごいの』という人、デブも多種多様である。脂肪の貯蔵タンクが胸だったらどんなにいいだろうと誰もが一度は考えたことあるだろう。デブは一言では表せない。

世の中の風潮として、太っていることは罪で痩せることは正義であるかのごとく扱われる。ここまで極端ではないかもしれないが、ダイエット成功体験記がもてはやされるのはやはりデブはよくないという共通認識があるからだろう。私たちは今より少なからず太っていた。そして痩せたいけども痩せるための努力は怠っていた。

友人と『ポジデブ』という言葉を作り出した経緯は、デブになると悲観的になるということからだった。デブであることで人は自信をなくすようだ。生活の中でうまくいっていないことまでもデブのせいにしてしまう。『どうせデブだから〜』という便利な枕詞を用いて何事も言い訳するようになる。どんどん卑屈になっていって、『どうせデブだから何を着ても似合わない』『どうせデブだから服を買いに行っても着れる服が売っていない』『どうせデブだから気になる人にも相手にされない』と呪文のように唱え、自分をどんどん『ネガデブ』にしていた。自分で自分のことを好きにならなければ、他人に好きになってもらえるはずなんてない。少しでも痩せて自分のことを好きになれるのなら、痩せることが正義というのはあながち間違っていないのかもしれないと思い始めた時であった。『どうせデブならポジティブなデブになろう』と友人が言い出したのだ。略して『ポジデブ』。デブであるという事実より、デブだからと卑屈になって行動を制限することが自分の人生をつまらなくしている、自分を好きになれないでいる原因であったようだ。別にデブだからこれはやっていけないなんてルールはない。『ネガデブ』よりも『ポジデブ』に生きよう、私たちはあの時そう誓った。

人生は山あり谷あり。『ポジデブ』をどんなに心がけていても『ネガデブ』に戻ってしまいそうな時がある。友人から『いまネガデブになってるよ』といわれ『ポジデブ』に気持ちを切り替えられる。ふざけた言葉なようだけど、私にとって元気を取り戻すための大きな役割を果たしてくれる。心が元気になれば、あんなに怠けていたダイエットもやる気になってくる。あの頃から、私も友人も少しは痩せたようだ。万年ダイエッターに終わりはみえないが、どうせなら『ネガデブ』よりもたくさんの『ポジデブ』な日々を送りたい。

人生は素晴らしい

ジャニーズWESTさんが歌う『人生は素晴らしい』という曲。すこし前になるが、偶然歌番組で見かけてから大好きである。一回聞いただけで、しばらく頭を離れないキャッチーなメロディは今でも気づいたら口ずさんでいたりする。私の大好物の類のキラキラ☆アイドルがテレビの中にはいた。可愛らしい振付(♪僕と、僕と、 のところのシャキーンってポーズが好き)、キメ顔だったりおどけてみたりといちいち可愛い表情、清潔感あふれる白ティ、お揃いのオーバーオール、メンバーカラーなるものがあるのかわからないけど、身につけ方に個性が光るバンダナ。なにを切り取っても可愛い♡

大変失礼ながら、ジャニーズWESTさんについて全員の名前と顔を把握できていない。それぞれの個性や特徴を理解した上で同じ映像を見ると、違った気づきがあるはず。好きをより一層加速させそうな予感しかしない。便利なインターネットでちゃちゃっと調べればあっという間なのに。いや、調べたら底なし沼にハマって溺れてしまいそうだから。これ以上沼にハマったらどんどん婚期が遠退いてしまいそうだから…笑。TVで拝見する機会が多くなれば自然と覚えられるだろうな。アイドルについて詳しく知らなくても十分に好きになれる一曲。

ロペさんの笑い声

平日の朝7時前にめざましテレビの中で放送されている『紙兎ロペ』。身支度をしながら時計代わりに横目に見ている。『紙兎ロペ』について全然詳しくないので、キャラクターの名前もよくわからない。でも常連メンバーはリスさんとウサギさんなのだから、紛れもなくあのウサギさんが『紙兎ロペ』の『ロペ』さんということで良いのだろう。

失礼ながら、真剣には見ていないのでストーリーはほぼ覚えていない。なので、あの話が好きなんだということもない。それでも『紙兎ロペ』が好きな理由がある。それは、ロペさんの笑い声だ。

ンッフッフッフッフッフッフッ

文字ではなんとも表しにくい笑い声。心地よい低音で柔らかい声。優しい気持ちになって気づいたら自分も笑ってしまっている。もしかしたら誘い笑いの達人なのかなと思ってしまう。リスさんも似たような笑い方をしているみたいだが、私は『ロペ』さんの笑い方が大好きだ。声の高さがツボなようだ。

もしもあの笑い方をしてくれる人が自分の近くにいたら、誘い笑いにつられて自分もずっと笑ってしまうのだろうか。近くにいたらいたで、誘い笑いもただの日常の一コマになって面白みも温かみも感じなくなってしまうのだろうか。なーんて妄想はここまで。笑

朝、テレビから聞こえてくる数秒の笑い声が憂鬱な朝を笑顔にしてくれる。ありがとう、ロペさん。

さつまりこ

ついにこの季節がやってきた。コンビニの棚に『さつまりこ』が並ぶ季節。夏の終わりを告げる『さつまりこ』の襲来。

コンビニで出会えた喜びをかみしめて値段を気にせず買う『さつまりこ』。ドラッグストアで破格の値段をみて悔しくてもう一つ買ってしまう『さつまりこ』。よく見たら2個でお得に買えるって書いてあるよ『さつまりこ』。

生きているだけで痩せる夏。そこで削ぎ落とした贅肉をあっという間に元に戻してくれる憎き『さつまりこ』。

期間限定だから別れの挨拶もしないでいなくなっちゃう『さつまりこ』。そっか、自分でラスト『さつまりこ』を決めて挨拶したらいいのか。いや、出会える限り買っちゃうもんね『さつまりこ』。

今年はあと何回アナタに出会えるでしょう。姿が見えなくなる頃には、もうすっかり季節は秋なのかな。

 

SHINee 너와 나의 거리(Selene 6.23)

好きなもの、まずは音楽から。

好きな曲、好きな歌についてひたすらマニアックに好きを語ろう。

少しだけ音を視覚的に捉えてみよう。

 

記念すべき1曲目。

SHINeeの너와 나의 거리(Selene 6.23)が好き。メロディ、歌詞、歌声、三拍子揃った名曲。

https://youtu.be/oUrvco4P568

 作曲は韓国で有名なピアニスト(と勝手に認識してる)이루마さん。作詞はジョンヒョン大先生!!!

 

まず、はじまりのピアノ。今にも冒険が始まる。浮かび上がる情景は夜。黒というよりは紺色の闇。どこか遠くへ連れてっていってくれそうな高揚感。そこへツヤツヤのおにゅさんの声。高まりすぎた興奮を少し落ち着かせてくれる優しい声。

ピアノに少し他の楽器が加わる。キーさんの声のところ。加わる音色は闇の中に浮かび上がる光。少しの不安と高揚感を安心させる光。変化はあるけど、安定してピアノのリズムは刻まれてて進みつづけてる。このまま心地よく冒険はつづく。

 1番のサビのジョンヒョンさんが歌い終わったあとの一瞬の間(ま)。意識しないで聞くと本当に一瞬。でも注意して聞くと深い間。思わず息を止めて確かめたくなる間。盛り上がったサビをいったん落ち着かせてくれる間。

 コーラスが加えられてさらに盛り上がる2番。そこでひときわ輝くおにゅさんのおーべいべー。声だけどまるで楽器のような美声。しばらく耳に残る余韻。

 

ロマンチスト、キムジョンヒョン大先生の歌詞。しっかりとコンセプトを組み立てた上で綴られる美しい詩。

スーパームーンの日にちをタイトルに入れてしまうなんてキザすぎるよ、ジョンヒョン大先生。

僕と君の距離を地球と月で例えてしまうなんて。月を見て、遠いとも近いとも考えたことすらなかった。月の後ろ姿をみたいとも考えたことなかった。どんなに手を伸ばしても届かない。届かない距離。届かない片思い。(ファンとアイドルの距離だよねと昔ともだちと解釈したなぁ)

歌詞は『どんなに手を伸ばしても届かない』悲劇。メロディは安堵感にあふれてて無事に冒険の目的地に着地。

『過去に経験した届かない片思い、今となっては懐かしい思い出、でも満月のたびに思い出す』こんなところでしょうか笑

 

 届かない片思いは身に覚えがないけども、(アイドルとの距離は感じたことあるけども笑)、心に染みわたる曲。

満月の帰り道、空を見上げながら必ず聞く曲。『今日は満月だよ』とSHINee好きなともだちに伝えると『自分も見てるよ』と返事がきて、『私たち恋人みたいだね』と。遠く離れたともだちと満月の夜に恋人のようになれる曲。

見えない遠くのともだちと、見えるのにもっと遠くにある月。この矛盾が、もしかしたら手を伸ばしたら届くのかもしれないと少しだけ思わせてくれる。

次の満月、どうか晴れますように(⌒▽⌒) 

軽い気持ちではじめてみた

好きなもの、好きなことについて

すきなだけ文字を書いてみよう。 

 

毎日つまらないと思ってるけど、気付いてないだけで楽しんでるのかもしれない。 

 

ただ自分を満足させるための言葉だけで、ここを埋めてみようじゃないか。