好きなもの、好きなこと

好きを言葉にする。残念なアラサー。

SHINee View

SHINee 샤이니_View_Music Video - YouTube

 実は2015年のソウルコンで初めてこの曲を聴いた時、物足りなさでいっぱいだった。『え?これで終わり?こんなけ?』というのが正直な感想であった。これまでのSHINeeさんの人並み外れたパフォーマンスと比較して、盛り上がりきらないで綺麗にコンパクトに終わったなぁと思った。ところが何度も繰り返して聴くうちに、聴けば聴くほど好きになっていった。そして何を言っているのかさっぱりわからなかった歌詞をきちんとよんでみると、そこには素敵な世界が広がっていた。今では好きで好きでたまらない一曲となった。

 

イントロについて。

♪どーどっしーらー  らーらっそーっそどー

何の楽器で奏でられているのかはわからないけれども、この数小節を聴くだけでどこか懐かしくて切ない気持ちになる。一方で、音からみえる景色は宝石がキラキラ輝いていて、そこから放たれるのは何色とも言い表せない鮮やかな光。非日常の異空間に一気に引き込まれる。5月に行われたドーム公演(SHINee WORLD 2016〜D×D×D〜)では2回繰り返されたこのイントロ。そしてカラフルな照明の演出。音から想像した景色がそのまま目の前に繰り広げられた。一瞬時が止まったように思えた。この心地よい空間にしばらく浸っていたいと思った。2回繰り返されたイントロをもうあと何十回と聴いていたいとさえ思った。もちろんテミンさんが歌いはじめて、すぐに現実のライブを見ているという十分に贅沢すぎる世界に戻されたのだけれども…。あの数秒間は私にとって4次元以上の奇跡のviewであった。

 

 歌詞について。作詞はキムジョンヒョン大先生。テミンさんからインスピレーションを受けて書かれた歌詞だと、どこかで発言するのを見たような気がする。(間違っていたらごめんなさい) Viewは日本語でも歌われている。日本語版の歌詞は韓国語版の内容を損なわないようにより忠実にかかれている。おそらく発音が似ている言葉を使うという制約がある中でとっても上手く表現されている。わざわざ日本のために日本語で歌い直してくれている。SHINeeさん、ありがとう。でも失礼すぎるけども、日本語版の歌詞は韓国語版の歌詞の世界観と少し違うのではと思ってしまう。単に自分が特別に好きな部分があまり日本語版には反映されてないからかもしれない。私が特別に好きな部分はここ、最後のところ。

누구든 처음이겠지 Like you
별빛의 향과 맛을 본 것도
향기의 무게를 느낀 것도
소리의 색과 모양 본 것도

誰もがはじめてだろう Like you
星の光の香りと味を感じたことも
香りの重みを感じたことも
音の色や形を見たことも

当たり前なのだけども、だれも光の香りと味を感じたことはない。香りの重さを感じたこともない。音の色や形を見たことはない。『シックスセンス(第六感)』という言葉は何度となく聞いたことはある。普通ではない、異常なものとして霊感やオカルトの対象になることが多い。それがここでは感覚が研ぎ澄まされた先に見える、美しさの象徴として描かれている。五感(見る、聴く、嗅ぐ、触る、味わう)をうまく使って第六感を美しく表現している。本当に素敵。ジョンヒョン大先生のあまりに上手すぎる言葉の操り方に脱帽した。

私はこれまで音楽を聴くとなんとなくだけど、その音から想像できる情景や色が頭に浮かんでいた。この歌詞を見てから、なんとなく見えていた情景や色を具体的に文字にしたり言葉にするようにしている。シックスセンスを持っているフリをしたいわけではない。音からみえる景色をより具体化すると、美しいことがたくさんあるからだ。