好きなもの、好きなこと

好きを言葉にする。残念なアラサー。

우울시계(憂鬱時計)

じょんひょんが作ってIUさんが歌った曲。当時有名な歌手に自作曲を提供するだけあって結構大きく取り上げられ、音源が公開されてすぐに聴いたと記憶している。ずっと単調なメロディの繰り返しで初めて聞いたときは『IUさん歌うまーい』ってくらいの小学生のような感想しかなかった。(IUさんが欲しいっていった曲なんだから、そりゃいいに決まってるのに、、、当時の私は何を聴いていたのだろうか、、、もったいない!!!

 

先月のじょんひょんのソロコンサートで(ライブビューイングだけど)じょんひょんバージョンの憂鬱時計を聴いてから気になって気になって仕方がない曲になった。コンサートでの、ハンドベルを鳴らしてね、持ってない人は手拍子してみんなで参加してねって演出がスクリーンのこちら側も置いてけぼりにならず、ほっこりした気持ちになったからかもしれない。無関心だった曲から可愛い曲だなぁと印象が大きく変わった。とにかく歌っているときのじょんひょんが可愛いくて甘いの!!!何かに取り憑かれたセクシーじょんひょんだったのが嘘みたいに甘くて優しいの♡ コンサートが終わってから憂鬱時計をたくさん聴いた。年末年始もこの曲ばかり聴いていた。歌詞もじっくり読んでみた。聴けば聴くほど面白くてかわいくてどんどん好きになった。私は憂鬱時計のどこにそんなに魅了されたのか、(誰も興味ないと思うけど)たくさんの魅力を少しでもお伝えしたいと思う。

 

①憂鬱“우울”というワード

歌い出しいきなりの우울하다(ううらだ)。単に発音がかわいい。音にのってなくても、単語だけが可愛さを持っている。これは私の妄想だけど、(どこかでじょんひょんが言及してたかもしれないけど)じょんひょんって言葉そのものが持つ音を大切にしていると思う。따뜻한 겨울(暖かい冬)という曲でも『따뜻한(暖かい)』の発音が綺麗でかわいさを持っているような気がする。言葉そのものが持つ音って韻を踏むのと同じで歌にするとき、とても重要なのかなと思う。とにかく言葉の選択が素敵!!!

 

②時計の音

音源を聴くと時計の針の音が聴こえてくる。タイトルが憂鬱時計だけにありがちな演出なんだろうけど、邪魔せずに曲に馴染んでいてどことなく温かさを感じる。当然のことなのだけど、秒針って1秒ごとに刻まれるからこの曲の秒数と秒針の音が重なってるのが目で見てて面白い。

秒数を数えたいのに時計がなくて憂鬱時計が聞ける状況なら(そんな状況に遭遇することはなかなかないだろうなぁ〜笑)憂鬱時計が時計がわりになる、とっても便利だなぁ。(棒読み)

 

③歌詞での擬態語、擬音語

우울시계가 째깍째깍(憂鬱時計がチクタク)

휙휙 지나 가 (さーっと過ぎて行く)

 あいにく日本語以外の言語が全然できないので外国語にどのくらい擬態語擬音語があるのかわからないけど、あまり歌詞で見たことないから普通に面白いなと思った。『時計がチクタク』は大きなのっぽの古時計で聞いたことがあったけど、『さーっと過ぎる』って歌詞に遭遇したことはないと思う。あえてこういう表現をいれて可愛さを演出してるのかなと思う。

 

④突然の抽象表現

날카로운 감정의 기억이  무뎌진다 무뎌져

鋭い感情の記憶が鈍る 鈍るよ

네모가 닳아져 원이 돼

 四角が擦り減って円になる

 

 ここの歌詞がこの曲で一番好きなフレーズ。あ、じょんひょんの歌詞だって思うところ。具体的な憂鬱を並べてとても想像しやすかったのにここへきて『ん?』って首を傾げたくなる。感覚的なものを文字にするのが本当に上手。『鋭い記憶が鈍くなる』っていう言い回し、『忘れる、覚えている』では表しきれない曖昧さが出ていると思う。『鋭い→鈍い』を『四角→円』って置き換えるの、当たり前のことを言ってるだけなんだけど表現力がとっっても豊か!!!

 

⑤何もかもぜーんぶ憂鬱だ

 歌詞を読み進めると、いま憂鬱だとはっきり感じているけど、一時的なもので時間が経てばやがて忘れられるといいつつも、憂鬱だと鋭く感じていたのが鈍くなるのは憂鬱だといっている。憂鬱な気分は無くなってほしいの?そのままがいいの?どっちなの?!! 別に白黒はっきりさせることがこの歌のテーマじゃないから、このボヤボヤ感が最大のこの曲のテーマなんだろうなと思う。憂鬱なときって何もかもぜーんぶ憂鬱。憂鬱がなくなればいいのにと思うことが憂鬱なんだ、みんなそんなもんだよ、と私は解釈。 

 

私の主観で우울시계の魅力を書いてみた。他の人はもっと違った素晴らしい解釈をしているのかもしれない。本当のところは作ったじょんひょんにしかわからない。でも、もしかしたらこうなのかな?あれじゃないのかな?と完成した作品を様々な角度からじっくり触れることで作り手の思いに少しだけ近づけるかもしれない。

じょんひょんの曲は私の中では直感で好きな曲とあまりそうでない曲に分かれる。そして好きな曲を聴きこむ。けれども、直感であまり好きでないと判断した曲たちにも実は好きになる要素がたくさん隠れていると思った。作り手が思いを込めて1つ1つ作った曲たちをきちんと時間をかけてじっくり聴きたいなと改めて思わされる一曲だった。

잠꼬대(Please, Don't Go) 2016ver.

これだけはどうしても2016年のうちに書き残しておかなければ!!!!!とっくに気づいて既にひとしきり盛り上がった人はたくさんいるだろうし、今更な感じがしてしまうけど。

SHINee WORLD Ⅴ(以下、SWⅤ)で披露された잠고대。誰もが一度は生でライブで聴きたいと思っていた名曲。SHINee のコンサートで歌ったこと自体が予想外で奇跡だった。でもそれだけではなかった。CDに収録されている잠꼬대とはパート割(ハモり担当)が違った。これまでで最高の잠꼬대だと思った。だから敢えてタイトルを勝手ながらに2016ver.としてみた。

 

具体的に何が違ったのか。それは、じょんひょんが ♪다〜시〜 돌아〜와〜〜 と歌い終わってからの一番盛り上がる最後の“あんでよ” 連呼のところ。CDでいうとちょうど03:00〜のところ。SWⅤでいうと2人のステージが上がりきって宇宙柄がよく見えてるところ。

 ◼︎CDver.

[MP3] 05 잠꼬대 (Please, Don't Go) - 샤이니 (SHINee) - YouTube

안돼요 안돼요 그렇게 가지마요
제발 한번만 한번만 날 다시 안아줘요
안돼요 안돼요 그렇게 가지마요
제발 한번만 한번만 날 다시 안아줘요

 全部じょんひょんがメインパートを担当していて、オニュがハモりに徹している。

 

 ◼︎2016ver.

잠꼬대 (Please don't go) by 종현(JONGHYUN)&온유(ONEW) - YouTube

안돼요 안돼요 그렇게 가지마요
제발 한번만 한번만 날 다시 안아줘요
안돼요 안돼요 그렇게 가지마요
제발 한번만 한번만 날 다시 안아줘요

色分けしてみてみた。“あんでよ”はオニュがメイン/じょんひょんがハモり、“はんぼんまん”はじょんひょんがメイン/オニュがハモりと交互に担当している。自分はプロでなければアマチュアの歌手でもないので、詳しいことは全然わからないけれども、こんなに頻繁にメインとハモりを入れ替えて歌うのって大変なことだと思う。電気のスイッチのオンオフみたいに(え、もっといい比喩あったはず笑)パッパッと入れ替わっている。

 

 せっかくなので、これまで何度か歌われたものも確認してみた。

◼︎過去披露ver.

090703 Starnight 별밤 Live : Onew & Jonghyun -잠꼬대 (Please, Don`t Go) - YouTube

[FANCAM] 090704 Jonghyun & Onew singing 잠꼬대 (Please Don't Go) @ Fanmeet - YouTube

090806 SHINee Please Don't Go- Jonghyun focused full fancam - YouTube

151017 온유종현 잠꼬대라이브 - YouTube

안돼요 안돼요 그렇게 가지마요
제발 한번만 한번만 날 다시 안아줘요
안돼요 안돼요 그렇게 가지마요
제발 한번만 한번만 날 다시 안아줘요

過去のラジオ番組やイベントで披露した動画や2015年のじょんひょんソロコンで披露された音源を聴いてみると1回目の“あんでよ”はオニュがメインを、それ以外はじょんひょんがメイン担当となっている。じょんひょんソロコンで披露されたときは2回目の“あんでよ”ではじょんひょんが“あんでよ”に間に合わずメインは不在となりオニュのハモりのみが聴こえてくる。

 

 何が言いたいかって、このSWⅤのためにパート割を変更するという選択をしてくれたことがわざわざ準備してくれた感じがして嬉しくてたまらない。これまで過去に披露したままに歌うという選択肢もあっただろうし、2回目の“あんでよ”で録音されたじょんひょんメインの声を流すという選択肢もあったかもしれない。詳しい経緯については何も言及されていないので私の勝手な妄想だけど、2人でより良いものを見せるために、あえて難しいパート割に変更すると決断して練習をしてくれたのならこの上なく嬉しい♡♡♡ 変更されたパート割によって2人の歌声が掛け合いとなって響き渡る。2人が向き合って見つめ合いながら歌う姿も美しい。贅沢なひととき。最高のクライマックスだ!!!

いま(2016年)のじょんひょんとオニュが歌う잠고대。CDとは一味違う잠꼬대。コンサートでしか聴けない잠꼬대。もともと好きだったけど、前よりもっと好きになったよ잠꼬대。2016年最高でした。

 

 

(잠꼬대が好きすぎて……オニュの『うーべいべ』とかじょんひょんの歌い方がライトになったなとかオニュの声に厚みが増したよねとかじょんひょんの歌ってるときのマイク持ってない側の手がたまんないとか…もっと色々な方向からアプローチしたい♡

LUNASOLのスキンコントロールミスト

どうして会社はあんなに乾燥しているのだろう。季節を問わず一年中、顔が突っ張る気がしてならない。年のせいだといわれたら何も言い返せないけれども、あんなに乾燥している状況もなかなかだと私は思っている。一度、(気心知れた)上司に女優スチーマーをモクモク炊いてもいいですかと冗談まじりに相談してみたが、私はあいにく女優でなかったために却下されてしまった。(きっとそれ以外に原因があるはず) そして女優スチーマーに代わる乾燥対策として出会ったのがLUNASOLのスキンコントロールミストだ。

f:id:dubudubudubu:20161223003745j:image

LUNASOLでタッチアップを行うと必ず仕上げにこのミストを噴射してくれる。はじめは化粧の仕上がりが良くなるといいなと思い勧められるがままに購入したが、今ではポーチのマストアイテムとなっている。毎朝化粧をし終わった後に2度噴射すると、素敵な香りに包まれ幸せな気持ちになる。『今日も1日頑張ろう』という気持ちにはさすがにならないけども、どんよりした朝が少しだけふんわりしたものになる。美容液が含まれているのでただの化粧水とは異なり、化粧持ちをよくしてくれるらしい。

お昼休み後の化粧直しのときもこのミストを噴射すれば、素敵な香りに包まれて『午後も頑張ろう』とまではいかないかもしれないが少しだけ憂鬱感は減る気がする。そして午前中にすでに砂漠と化した肌に潤いがもたらされる。朝のミスト噴射で少しは砂漠度が軽減されてるのは確かだが、相手はかなり手強い。眉間にしわを寄せてみたり目をしっかりつむってみると皮膚が思ったように動かなくなっていたのが、滑らかに上手に動かせるようになる。生き返ったという表現がベストなようだ。可能ならばトイレで席を立つ度にミストを噴射すると良いのかもしれない。

乾燥は老化の大敵と呼ばれるくらい、気にかけるに越したことはない。女優でない私は今日もミストを浴びて乾燥と戦う。オアシスを求めて。

ぼごみん

あれはもう何年前のことだろうか。ソンジュンギさんのファンミーティングがピューロランドで催されると聞き応募しようか悩んだ遠い昔。俳優のファンミーティングにまで行ってしまったら、婚期を逃して取り返しのつかないことになる。俳優のファンミーティングという高い高い敷居を跨いだら自分は底なし沼に溺れてしまう。そう自分に言い聞かせ行きたい気持ちを必死に我慢した。。。のにも関わらず、、、いまこうして独身をエンジョイしている。ソンジュンギさんもとっくに兵役に行って、あっという間に帰ってきている現実。過去の自分に何かひとこと伝えられるのであるなら『ファンミーティングに行かなくても結婚できないから、行っておきなさい』ともちろん伝えるだろう。

2016年冬、また人生を試されるようなお誘いがやってきた。『応答せよ1988』をみてすっかりパクボゴム(以下、ぼごみん)のとりこになった私。無料で登録できるファンクラブに軽い気持ちで登録。すると2017年2月にファンミーティングを行うとご丁寧に連絡がきた。いつかのデジャブだ。ここで若手俳優のファンミーティングに行ってしまったら、間違いなく三十路も独身決定!!!過去の自分へ言い放ったひとことが脳裏によぎる。もはや『行かなくて結婚できないより、行って結婚できない』ほうが何か1つは叶えられているではないか!!!迷いに迷った末、一大決心をしてついに応募した。

そして後日、私は肝心なことを忘れていたことに気付いたのであった。ぼごみんはいま最も韓国で勢いのある俳優の一人。日本でもその人気は計り知れないもの。ファンミーティングに行きたい人はそれはそれはたくさんいて、応募した人全員が参加できるものではなかった、抽選であったのだ。私の日頃の行いがよほど悪いのか落選した。あれほど応募するか悩み苦しみ、近い将来を想像してきっと残念な三十路を迎えるであろうシュミレーションをし『ぼごみんに会えたから、結婚していなくても悔いはない』なんて痛々しい決め台詞まで用意していたのに。ぼごみんは私をお呼びでなかった。

物は考えようだ。ぼごみんのおかげで、ぼごみんがお呼びでなかったおかげで若手俳優の沼で溺れるどころか、片足も浸かることなく済んだのだ。俳優のファンミーティングというのは、どうやら自分には超えたくても超えられない一線であったようだ。ぼごみん、ありがとう。ますます好きになるじゃないか。テレビ越しに精一杯応援させていだきます。

照れてるじょんひょん

先週末、JONGHYUN-X-INSPIRATIONライブビューイングに行ってきました。

White T-Shirt、하루의끝、U&I、Love Beltなどお気に入りの曲が聴けて大満足。そして様々なアーティストへ提供した曲たち、EXOのPLAYBOY、イ・ハイのBREATH、IUの우울시계をじょんひょんの歌声で聴けて感動。

じょんひょんがいま持っているものすべてを惜しみなく見せられた感じ。内に秘めてるものを身を削って搾り出される感じ。最初から最後まで全てにこだわりを感じた。ライブビューイングで見たところ、ステージが最大限生かされるような会場の広さだったのかなと。会場選びからこだわっていたのならますます素敵。SHINee さんの中で活躍するじょんひょんはもちろん大好き。けれどもこのライブを通じて、SHINee さんの中にいるときのじょんひょんはほんの一部を見ているに過ぎないと感じさせられた。ほんの一部しかみないでじょんひょんの良さなんて語ってはいけないようだ。きっと近い将来このコンサートで見たじょんひょんは全てではなかったと振り返るのだろう。これからも感性豊かなじょんひょんは日々新しいものを吸収して新しい作品を生み出すんだろうなと思った。

じょんひょんの魅力的なところについて少し考えてみた。自分の感情に素直なところかなと私は思う。感動したら素直に泣きわめいて、嬉しい時は満面の笑みでいて、カッコ良く見せる時はキザすぎる顔に振舞いそして発言まで陶酔しきる。それでいて恥ずかしい時は思いっきり照れる。10人いて10人がわかるくらい照れてるって表情をしている。普通に生きていて男性が露骨に照れる姿をあまり目にしないからか、このじょんひょんの照れる姿がどうやら私大好きみたい。

久しぶりにアーティストのライブに行った気がした。本来ライブとはこういうものなんだなと思った。ライブビューイングなのに満足度が高かった。自分で歌を作り、自分の解釈を歌やダンスで表現していた。最初から最後まで一貫性があってまるで一つの大きな作品をみているようであった。じょんひょんの作り出す世界を今度は会場に足を運んで堪能できたらいいなと思う。

雪の降る景色

自分が住む地域ではそれほど雪は降らない。一年に一度降れば大騒ぎになるくらいだ。大人になると非日常を嫌うせいで、雪は厄介者になる。たしかに電車のダイヤが乱れたり、会社の服装にアンマッチな靴を履いていったり、いつもより用心深く歩くことで早く家を出なくてはならない。ただただ煩わしい。

それでも雪の降る景色がわたしは大好きだ。当然のことながら私たちは三次元の空間で生きている。しかし目に見える景色は平面に見える。雪が降るとどうなるだろうか。いつも見ていた景色に奥行きが生まれる。手前の雪も、少しの奥の雪もゆっくりと落ちてくるのが見える。真上を見上げると、空までの距離がうんと遠いことがわかる。空間の中で生きていることを実感できる特別な瞬間なのだ。

雪だるまや雪合戦が楽しいピュアなあの頃にはもう戻れない。けれども、いつもの景色を眺めるだけで雪を煩わしいと思うより、美しいものと思いたい。

おさつビーと安納芋chips

さつまりこ』をいよいよ見なくなった今日この頃。本格的な寒さが到来したようだ。『何かないかな〜』と久しぶりにコンビニの棚をじっくり覗き込むと、おやおや!大好きな芋カラーのパッケージの商品があっちにもこっちにもあるではないか!!!迷うことなく2つとも手に取り購入。

 まずは『おさつビー』から開封。『じゃがりこ』と『じゃがビー』のように『さつまりこ』と『おさつビー』という立ち位置が想像できる。つまり、『じゃがりこ』と『さつまりこ』はサクサク感を重視。『じゃがビー』のように『おさつビー』は素材そのものの味ともさっと感を重視しているのではと期待。さてさて、実食。おさつビーは思ったよりも細かった。太くないスリムな集団だった。あまりもさっと感はなかったが、味はお約束どおりのお芋の素朴な甘さ。しあわせになる美味しさであった♡

 続いて安納芋chipsを開封。何より驚いたのはとてつもなく上品な量!!!袋の3分の1くらいの高さまでしか中身が入っていなかった。けれどもさすが安納芋!素材そのままでとっても甘くておいしー♡

 見ると思わずときめく芋カラー。また他の芋おやつに巡り会って日常が華やかになったらいいな♡