好きなもの、好きなこと

好きを言葉にする。残念なアラサー。

Lonely

 じょんひょんの小品集が発売された。大好きな『따뜻한 겨울 (暖かい冬)』と『1000』が収録されていた。すでに公開されたものに手が加わったため聴きなれない違和感があったり、アレンジにより聴きやすくなったりと、じっくりと何度も聴きたくなる期待通りのアルバムだった。

JONGHYUN 종현_Lonely (Feat. 태연) Music Video - YouTube

 さてさて、表題曲はテヨンさんとコラボのLonely。とても聴いてて心地の良い曲。四季でアルバムが構成されているが、まさに春にぴったりな音色。淡いピンク色に包まれる気持ちになる。欲を言えば4月上旬の桜満開で新生活が始まるよっていう漠然とした不安におそわれるタイミングで聴きたかった。努力しなくても不安になる4月上旬は毎年自然と訪れるので来年はLonelyをたくさん聴いて淡いピンク色の世界に包まれて守られたい。

 

  歌詞は一言でいうと男女のすれ違い。お互いを大切に思うあまり疲れちゃったのかな。(とっても雑な解釈)全体の世界観よりも、個人的には歌い出しの2行がお気に入り。

 미안해 내 탓이야
고마워 덕분이야
ごめんね 私のせいだよ
ありがとう あなたのおかげだよ

 『ごめんね』の後に『私のせい』を、『ありがとう』の後に『あなたのおかげ』を持ってくるあたりさすがだなと。当たり前すぎて敢えて特筆することでもないかもしれない。でも当たり前を上手に文字にできるじょんひょんが好き。 歌詞全体としてはこの言葉を否定しているのかもしれないけど、わたしは好き。

 人間誰しもうまくいったことは自分の手柄にして、失敗したときは人のせいにしがちだ。残念ながら私たちの住まう世界は私利私欲に満ちた汚らわしいギトギトした世界だ。『ごめんね、私のせいだよ  ありがとう、あなたのおかげだよ』って気持ちをいつも心に留めておきたい。そうしたら、ギトギトした世界が少しは浄化されて美しくなる気がする。(自分は絶対悪くないのに…という理不尽なときももちろんあるけど)

 ひとりで生きてるわけじゃないから、色々な人に感謝して謙虚に振る舞わなきゃなって自己啓発書を読んだ後みたいな気持ちになる言葉。好き♡